カテゴリー
Uncategorized

産業保健とは?

一般定期健康診断において、一般労働者の有所見率が仕事、業務を行う日常生活において、年々増加しています。

特に強い不安・ストレスを感じる割合が約6割と、現在も労働者の肉体的・精神的な健康についてのデータ、統計をみれば、悪化していることは明白です。

特に過労死や過労自殺に関わる脳や心臓疾患に関わる指標の悪化は労災認定件数にも表れてます。

精神的障害についても多種多様化が進んでおります。

正規雇用と非正規雇用の職場における問題やストレスも格差が広がっているのが現状です。

こうした状況の中、ストレス、メンタルヘルスなど産業医、産業看護師、産業保健師、衛生管理者など専門スタッフの役割は増加しています。

職場におけるメンタルヘルス対策、労災対策、健康障害等をなくすために産業保健に対する認識を高めることが大切です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です